リーダーがしてはいけない、(ひと)嫌がら(いやがら)れる行動(こうどう)10(せん)

仕事(しごと)難しい(むずかしい)ことは業務(ぎょうむ)自体(じたい)ではなく、(ひと)かもしれない。成功(せいこう)収める(おさめる)(ひと)は、他者(たしゃ)との(きょう)働の仕方(しかた)理解(りかい)していて、対面(たいめん)でも電子(でんし)(てき)なコミュニケーションでも(ひと)をいらつかせるような行動(こうどう)避ける(さける)ものだ。

リーダーは、どんなに小さな(ちいさな)行動(こうどう)であっても、(ひと)認識(にんしき)考え(かんがえ)、パフォーマンスに影響(えいきょう)与える(あたえる)得る(える)ことに気づい(きずい)ている。ここでは、(ひと)嫌がら(いやがら)れるかもしれない10の習慣(しゅうかん)紹介(しょうかい)する。こうした行動(こうどう)取っ(とっ)ていると、成功(せいこう)できないかもしれない。

1. (ひと)話す(はなす)ときや廊下(ろうか)歩く(あるく)ときに携帯(けいたい)電話(でんわ)見る(みる)

同僚(どうりょう)よりもスマートフォンに関心(かんしん)向ける(むける)ことは”スマート”ではない。リーダーは他者(たしゃ)物理(ぶつり)(てき)存在(そんざい)()配り(くばり)()合わせる(あわせる)のを避けよ(さけよ)うとしない。リーダーは、電子(でんし)(てき)なコミュニケーションには後で(あとで)対応(たいおう)できることを知っ(しっ)ているのだ。

2. 携帯(けいたい)電話(でんわ)をマナーモードにせず、(おと)頻繁(ひんぱん)鳴る(なる)

(おん)は、特に(とくに)継続(けいぞく)(てき)鳴っ(なっ)ている場合(ばあい)(ひと)をいらつかせてしまうかもしれない。自分(じぶん)重要(じゅうよう)だ、忙しい(いそがしい)必要(ひつよう)とされているということをアピールするため携帯(けいたい)電話(でんわ)から多く(おおく)(おと)鳴らさ(ならさ)ないこと。この戦略(せんりゃく)はうまく行か(いか)ない。また、ヘッドフォンから漏れ(もれ)(おと)他者(たしゃ)聞か(きか)ずに済む(すむ)よう、音楽(おんがく)音量(おんりょう)下げ(さげ)ておくこと。(だれ)もがあなたと同じ(おなじ)音楽(おんがく)好む(このむ)わけではないし、背景(はいけい)音楽(おんがく)鳴っ(なっ)ている状態(じょうたい)働け(はたらけ)ない(ひと)もいる。

3. ペンをカチカチ鳴らし(ならし)たり足踏み(あしぶみ)したりする

リーダーは、神経質(しんけいしつ)になったり不安(ふあん)になったりしてもそれを(ひょう)出さ(ださ)ないものだ。特に(とくに)会議(かいぎ)(ちゅう)は、筆記具(ひっきぐ)(あし)(おと)出す(だす)のを避ける(さける)こと。

4. 自分(じぶん)がどれほど忙しい(いそがしい)かについて話す(はなす)

リーダーは、自分(じぶん)仕事(しごと)がいつまでたっても終わら(おわら)ないことを知っ(しっ)ている。また、(だれ)しも忙しい(いそがしい)ものだ。自分(じぶん)忙し(いそがし)自慢(じまん)をする代わり(かわり)に、(いま)取り組ん(とりくん)でいるプロジェクトについて話し(はなし)、あなたが達成(たっせい)したことについて最新(さいしん)情報(じょうほう)共有(きょうゆう)する機会(きかい)として活用(かつよう)すること。

5. 到着(とうちゃく)時間(じかん)招待(しょうたい)への返事(へんじ)遅れる(おくれる)

リーダーは、他者(たしゃ)状況(じょうきょう)自分(じぶん)左右(さゆう)することを認識(にんしき)している。周囲(しゅうい)(ひと)計画(けいかく)立てる(たてる)必要(ひつよう)があるのに、リーダーが遅れ(おくれ)てしまえば計画(けいかく)支障(ししょう)出る(でる)会議(かいぎ)依頼(いらい)にはすぐに返信(へんしん)し、時間(じかん)通り(どおり)出席(しゅっせき)しよう。会議(かいぎ)開始(かいし)時間(じかん)にはその()にいること。責任(せきにん)(かん)がない(ひと)思わ(おもわ)れないように。リーダーは頼れる(たよれる)(ひと)なのだ。

6. エレベーターのマナーを守ら(まもら)ない

リーダーは礼儀(れいぎ)正しく(ただしく)親切(しんせつ)で、自分(じぶん)周囲(しゅうい)意識(いしき)している。他者(たしゃ)親切(しんせつ)になろう。エレベーターに乗っ(のっ)ている(ひと)()終わる(おわる)まで自分(じぶん)(なか)入ら(はいら)ず、他者(たしゃ)のためにドアを押さえ(おさえ)ておく。こうしたシンプルな行動(こうどう)(ひと)評価(ひょうか)する。

7. (となり)(せき)私物(しぶつ)置く(おく)

カバンやメモなどの私物(しぶつ)空い(あい)ている椅子(いす)置か(おか)ないこと。(だれ)かが(となり)座ら(すわら)ないようにしたり、()(ひと)のために(せき)取っ(とっ)ておいたりするためにあなたが自分(じぶん)領域(りょういき)を”マーキング”しているのを()(ひと)は、あなたが(こころ)狭い(せまい)人間(にんげん)だと思う(おもう)かもしれない。こうした行動(こうどう)取れ(とれ)ば、あなたが()(ひと)交流(こうりゅう)したくないと思っ(おもっ)ているか、新しい(あたらしい)(ひと)知り合う(しりあう)ことに関心(かんしん)がないように見える(みえる)

(じん)とつながりを築く(きずく)機会(きかい)から自分(じぶん)自身(じしん)閉ざさ(とざさ)ないこと。一部(いちぶ)(ひと)一緒(いっしょ)働き(はたらき)づらい(ひと)かもしれないが、あなたの成功(せいこう)重要(じゅうよう)役割(やくわり)果たす(はたす)話し掛け(はなしかけ)やすい(ひと)になり、あらゆる機会(きかい)受け入れよ(うけいれよ)う。

8. 全員(ぜんいん)返信(へんしん)する

(じん)仕事(しごと)多く(おおく)業務(ぎょうむ)抱え(かかえ)ており、電子(でんし)メールはますます仕事(しごと)でストレス要因(よういん)になりつつある。受信(じゅしん)するメールの(りょう)増える(ふえる)ほど、メールを読ん(よん)業務(ぎょうむ)取り組ま(とりくま)なければならないとより強く(つよく)感じる(かんじる)ようになる。

同僚(どうりょう)不要(ふよう)なメールは送ら(おくら)ず、余計(よけい)なストレスをかけないようにしよう。その話題(わだい)関係(かんけい)がない(ひと)にはメールを送ら(おくら)ない。リーダーは慎重(しんちょう)選択(せんたく)し、自身(じしん)同僚(どうりょう)生産(せいさん)(せい)優先(ゆうせん)するものだ。

9. 英語(えいご)書く(かく)(さい)全て(すべて)大文字(だいもんじ)にする

小文字(こもじ)使っ(つかっ)ても同じ(おなじ)ことを伝える(つたえる)ことができる。成功(せいこう)収める(おさめる)(ひと)は、特に(とくに)注意(ちゅうい)引こ(ひこ)うとしなくても重要(じゅうよう)なことを伝え(つたえ)られるはずだ。またリーダーは、読み手(よみて)過小(かしょう)評価(ひょうか)しない。効果(こうか)(てき)伝えれ(つたえれ)ば、読み手(よみて)大切(たいせつ)なことを特定(とくてい)することができる。

10. 出社(しゅっしゃ)()同僚(どうりょう)にあいさつせず自分(じぶん)のデスクに向かう(むかう)

リーダーは、(ひと)とつながりを築く(きずく)機会(きかい)持つ(もつ)仕事(しごと)大事(だいじ)だが、対人(たいじん)関係(かんけい)はそれよりもさらに重要(じゅうよう)だ。最高(さいこう)仕事(しごと)をするには、強固(きょうこ)関係(かんけい)(せい)必要(ひつよう)となる。デスクに向かう(むかう)途中(とちゅう)同僚(どうりょう)にあいさつし、調子(ちょうし)はどうか尋ねよ(たずねよ)う。よそよそしくならず、つながりを築く(きずく)こと。

リーダーは、周囲(しゅうい)(ひと)考慮(こうりょ)して振る舞う(ふるまう)ものだ。素晴らしい(すばらしい)ことを達成(たっせい)して成功(せいこう)収める(おさめる)ためには、他者(たしゃ)との(きょう)働が必要(ひつよう)だ。そのために、同僚(どうりょう)をいらいらさせ、最終(さいしゅう)(てき)生産(せいさん)(てき)関係(かんけい)築け(きずけ)なくするような小さな(ちいさな)行動(こうどう)避ける(さける)ものなのだ。

Loading