(ちょう)実写(じっしゃ)(ばん)”の映像(えいぞう)()(こころ)響く(ひびく)名曲(めいきょく)数々(かずかず)!『ライオン・キング』クリップ映像(えいぞう)一挙(いっきょ)公開(こうかい)

ディズニー・アニメーションの名作(めいさく)が、最先端(さいせんたん)映像(えいぞう)技術(ぎじゅつ)現代(げんだい)によみがえる/[c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

(ぜん)世界(せかい)で『美女と野獣(びじょとやじゅう)』(17)や『アラジン』(公開(こうかい)(ちゅう))を超える(こえる)(だい)ヒットを記録(きろく)している『ライオン・キング』が8(つき)9(にち)、ついに日本(にっぽん)公開(こうかい)迎え(むかえ)た。実写(じっしゃ)もアニメーションも超え(こえ)圧巻(あっかん)の“(ちょう)実写(じっしゃ)(ばん)映像(えいぞう)早く(はやく)大きな(おおきな)話題(わだい)集め(あつめ)ている(ほん)(さく)に、さらなる彩り(いろどり)与え(あたえ)ているのは(げき)(ちゅう)流れる(ながれる)名曲(めいきょく)数々(かずかず)。その楽曲(がっきょく)本編(ほんぺん)映像(えいぞう)両方(りょうほう)堪能(たんのう)できるクリップ映像(えいぞう)一挙(いっきょ)紹介(しょうかい)していきたい。

写真(しゃしん)見る(みる)】これが“(ちょう)実写(じっしゃ)(ばん)”の映像(えいぞう)()愛らしい(あいらしい)シンバが美しい(うつくしい)王国(おうこく)駆け回る(かけまわる)/[c]2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

まずはオリジナル(ばん)アニメーションの(なか)でも絶大(ぜつだい)人気(にんき)誇る(ほこる)アップテンポな楽曲(がっきょく)「ハクナ・マタタ」だ。この楽曲(がっきょく)歌う(うたう)のは“ティモプン”の愛称(あいしょう)親しま(したしま)れる人気(にんき)コンビ、陽気(ようき)なミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァ。プレミアム吹(かわ)(ばん)でこの“ティモプン”の(こえ)担当(たんとう)しているのは、個性(こせい)()俳優(はいゆう)として様々(さまざま)映画(えいが)、ドラマで活躍(かつやく)する佐藤(さとう)()(ろう)と、人気(にんき)急上昇(きゅうじょうしょう)(ちゅう)のお笑いコンビ、ミキの()(せい)

クリップ映像(えいぞう)収め(おさめ)られた歌唱(かしょう)シーンには、佐藤(さとう)担当(たんとう)するプンバァとその相棒(あいぼう)のティモンが、シンバと初めて(はじめて)出会う(であう)重要(じゅうよう)なシーンが収め(おさめ)られている。曲名(きょくめい)の「ハクナ・マタタ」とはスワヒリ()で「くよくよするな」という意味(いみ)(ちち)ムファサを失い(うしない)王国(おうこく)追放(ついほう)されたシンバは、この出会い(であい)(うた)によって深い(ふかい)悲しみ(かなしみ)から癒さ(いやさ)れ、新た(あらた)世界(せかい)成長(せいちょう)していくことになる。

続い(つずい)ては子ども(こども)時代(じだい)のシンバが歌う(うたう)王様(おうさま)になるのが待ち(まち)きれない」。幼少(ようしょう)()のシンバが偉大(いだい)(ちち)ムファサに憧れ(あこがれ)、はやく(おう)になりたいと夢見る(ゆめみる)純粋(じゅんすい)無垢(むく)無邪気(むじゃき)心情(しんじょう)がつづられた歌詞(かし)と、弾ける(はじける)ようなメロディで、ファンの(なか)でも特に(とくに)人気(にんき)高い(たかい)楽曲(がっきょく)だ。クリップ映像(えいぞう)(なか)収め(おさめ)られている、やんちゃで好奇(こうき)(しん)旺盛(おうせい)なシンバが美しい(うつくしい)王国(おうこく)駆け(かけ)めぐる様子(ようす)は、“(ちょう)実写(じっしゃ)(ばん)”だからこそ実現(じつげん)できた瑞々し(みずみずし)さにあふれたシーンと言える(いえる)だろう。

ちなみに“プレミアム吹(かわ)(ばん)”で子ども(こども)時代(じだい)のシンバの(こえ)担当(たんとう)したのは、11(さい)とは思え(おもえ)ないほどの圧倒的(あっとうてき)歌唱(かしょう)(りょく)持つ(もつ)熊谷(くまがい)俊輝(としてる)。ハイトーンかつ透明(とうめい)(かん)のある歌声(うたごえ)でシンバの無邪気(むじゃき)さを表現(ひょうげん)。シンバの幼なじみ(おさななじみ)であるナラの子ども(こども)時代(じだい)(こえ)担当(たんとう)した小林(こばやし)(ほし)(らん)と共に、2(にん)若き(わかき)才能(さいのう)抜群(ばつぐん)のコンビネーションにも注目(ちゅうもく)してほしい。

そして成長(せいちょう)したシンバの(こえ)担当(たんとう)した賀来(かく)賢人(けんじん)と、同じく(おなじく)成長(せいちょう)したナラの(こえ)担当(たんとう)した(かど)(さん)葉子(ようこ)歌い(うたい)あげる「(あい)感じ(かんじ)て」。アニメーション(ばん)では(だい)67(かい)アカデミー(しょう)歌曲(かきょく)(しょう)(だい)52(かい)ゴールデン・グローブ(しょう)主題歌(しゅだいか)(しょう)をダブル受賞(じゅしょう)するなど、『ライオン・キング』を象徴(しょうちょう)する名曲(めいきょく)として語り継が(かたりつが)れるこの楽曲(がっきょく)映画(えいが)公開(こうかい)(まえ)解禁(かいきん)されたクリップでは、シンバとナラが再会(さいかい)果たす(はたす)美しい(うつくしい)シーンでこの楽曲(がっきょく)響き(ひびき)渡り(わたり)大きな(おおきな)話題(わだい)集め(あつめ)ていた。

そして今回(こんかい)新た(あらた)に、賀来(かく)(かど)(さん)歌う(うたう)姿(すがた)収め(おさめ)られたMVも到着(とうちゃく)(ほん)(さく)吹替え(ふきかえ)(はつ)挑戦(ちょうせん)した賀来(かく)は「シンバとナラの(あい)表現(ひょうげん)本当に(ほんとうに)素敵(すてき)でした」と収録(しゅうろく)振り返り(ふりかえり)、「ただ綺麗(きれい)歌え(うたえ)ばいいということでもなくて、その(なか)にもドラマがあるので、迷い(まよい)(こころ)葛藤(かっとう)(うた)表現(ひょうげん)するのはとても難しかっ(むずかしかっ)た」とコメント。シンバの(こころ)葛藤(かっとう)繊細(せんさい)表現(ひょうげん)することを心がけ(こころがけ)賀来(かく)想い(おもい)によって、往年(おうねん)名曲(めいきょく)がさらなる輝き(かがやき)放っ(はなっ)ている。

これら名曲(めいきょく)数々(かずかず)と、まるで映画(えいが)世界(せかい)入り込ん(はいりこん)だような体験(たいけん)ができる驚異(きょうい)映像(えいぞう)()。そして実写(じっしゃ)(ばん)『ジャングル・ブック』(16)などで知ら(しら)れるジョン・ファブロー監督(かんとく)込め(こめ)た、新た(あらた)な“サークル・オブ・ライフ”のメッセージ。この夏休み(なつやすみ)には家族(かぞく)友だち(ともだち)恋人(こいびと)など大切(たいせつ)(ひと)たちと一緒(いっしょ)映画(えいが)(かん)(あし)運び(はこび)壮大(そうだい)美しい(うつくしい)“キング・オブ・エンターテインメント”の世界(せかい)余す(あます)ところなく味わっ(あじわっ)てほしい!

Loading