ZIP!のマーティンさんとロッテのマーティンが交わし(かわし)た”ホームランの約束(やくそく)

 約束(やくそく)のアーチが飛び出し(とびだし)た。8(つき)7(にち)福岡(ふくおか)ソフトバンク(せん)(ZOZOマリンスタジアム)。シーズン途中(とちゅう)加入(かにゅう)したリオネス・マーティン外野(がいや)(しゅ)練習(れんしゅう)(まえ)日本テレビ(にほんてれび)(あさ)情報(じょうほう)番組(ばんぐみ)ZIPの取材(しゅざい)受け(うけ)ていた。インタビュアーはタレントで(どう)番組(ばんぐみ)(ない)に「いただきます! 日本(にっぽん)全国(ぜんこく)(あさ)ごはんジャーニー」を担当(たんとう)しているマーティンさん(アメリカ(じん)(ちち)日本人(にっぽんじん)(はは)持つ(もつ)。4(さい)から日本(にっぽん)育つ(そだつ)。モデル、舞台(ぶたい)でも活躍(かつやく)英語(えいご)話せ(はなせ)ない)。つまりは「マーティン」対談(たいだん)だった。

この記事(きじ)写真(しゃしん)見る(みる)

「マーティン」対談(たいだん)交わし(かわし)約束(やくそく)

 タレントのマーティンさんはZIP(ない)担当(たんとう)コーナーで「行っ(おこなっ)てきマーティン!」、「YES! マーティン」というお決まりのセリフを言う(いう)(こと)(あさ)のお茶の間(ちゃのま)盛り上げ(もりあげ)てきた。一方(いっぽう)でマリーンズの(しん)外国(がいこく)(じん)のマーティンの決め(きめ)セリフもスタンドのファンを沸かし(わかし)始め(はじめ)ていた。それは「明日(あした)頑張り(がんばり)マーティン!」。勝利(しょうり)のお立ち台での決め(きめ)セリフだ。

 ZIP視聴(しちょう)(しゃ)とマリーンズファンがネット(じょう)で「奇跡(きせき)対談(たいだん)を!」と望む(のぞむ)(こえ)溢れ(あふれ)てきたことを受け(うけ)て、ZIPサイドが反応(はんのう)しマリーンズにオファー。8(つき)7(にち)試合(しあい)(まえ)に2(にん)のマーティンがついに対面(たいめん)した。

マーティンとマーティン ©梶原(かじはら)紀章(きしょう)

 緊張(きんちょう)をしながら質問(しつもん)投げかける(なげかける)タレントのマーティンさん。それに対して丁寧(ていねい)答える(こたえる)助っ人(すけっと)のマーティン。最後(さいご)に「ホームランを打っ(うっ)(さい)にはぜひ『YES! マーティン』とベンチ(まえ)でカメラに向かっ(むかっ)てやってください」との要望(ようぼう)に「もちろんさ」と笑顔(えがお)最後(さいご)指切り(ゆびきり)約束(やくそく)をして別れ(わかれ)た。

 ただ野球(やきゅう)選手(せんしゅ)のマーティンはタレントのマーティンさんに一つ(ひとつ)だけ、この約束(やくそく)心配(しんぱい)(てん)素直(すなお)吐露(とろ)した。

覚え(おぼえ)ていたらいいけどね。ボクは試合(しあい)入る(はいる)集中(しゅうちゅう)してしまう。テンションが上がり(あがり)過ぎ(すぎ)て、覚え(おぼえ)ていないかもしれない。その(とき)申し訳(もうしわけ)ない。だからしっかりと覚え(おぼえ)ているきょうの1打席(だせき)()打ち(うち)たいね」

照れくさ(てれくさ)そうに「YES! マーティン」

 1打席(だせき)()初回(しょかい)だった。ホークス先発(せんぱつ)のスアレスのチェンジアップを叩く(たたく)打球(だきゅう)弾丸(だんがん)ライナーで右翼(うよく)スタンド中段(ちゅうだん)まで飛ん(とん)でいった。

直球(ちょっきゅう)対応(たいおう)しようと思っ(おもっ)ていたが、浮い(うい)てきた変化球(へんかきゅう)にも対応(たいおう)して捉え(とらえ)られた」と笑顔(えがお)。ホームを踏み(ふみ)一塁(いちるい)(がわ)ベンチで選手(せんしゅ)たちと喜び(よろこび)のハイタッチ。そしてカメラに向かっ(むかっ)て「YES! マーティン」と少し(すこし)照れくさ(てれくさ)そうに決め(きめ)セリフを(くち)にした。6試合(しあい)ぶりの(いち)(はつ)約束(やくそく)(いち)(はつ)来日(らいにち)12試合(しあい)で4(ほん)()とチームの(かい)進撃(しんげき)貢献(こうけん)した。

()てくれていたかな? 喜ん(よろこん)でくれたかな? ボクも気に入っ(きにいっ)たよ。これからもホームランを打っ(うっ)たら、もちろん『YES! マーティン』だ」と試合(しあい)()話し(はなし)頼れる(たよれる)助っ人(すけっと)

 (よく)8(にち)(どう)カードでも先頭(せんとう)でまわってきた5(かい)打席(だせき)でホークス2番手(ばんて)加治屋(かじや)の143キロストレートを捉える(とらえる)打球(だきゅう)はバックスクリーン(みぎ)飛び込む(とびこむ)2試合(しあい)連続(れんぞく)の5(ごう)ソロ。推定(すいてい)()距離(きょり)130メートルの特大(とくだい)(いち)(はつ)にマーティンは「2ストライクと追い込ま(おいこま)れていたけどフォークの多い(おおい)投手(とうしゅ)聞い(きい)ていたので、それを(あたま)入れ(いれ)ながら高め(たかめ)のボールをしっかり捉え(とらえ)られた」とご満悦(まんえつ)。すでに3打席(だせき)()であったことから忘れ(わすれ)ていることが懸念(けねん)されたが、それも杞憂(きゆう)終わっ(おわっ)た。しっかりとベンチで仲間(なかま)たちとハイタッチをすると「YES! マーティン」とニコリだ。

 7(つき)26(にち)入団(にゅうだん)会見(かいけん)行い(おこない)、チームに加入(かにゅう)したばかりの(しん)助っ人(すけっと)長打(ちょうだ)(りょく)抜群(ばつぐん)(せん)(だま)()(るい)出れ(でれ)盗塁(とうるい)狙える(ねらえる)守備(しゅび)(りょく)高く(たかく)(かた)(ちょう)1(きゅう)。そして約束(やくそく)もしっかりと果たす(はたす)頼もしく(たのもしく)優しき(やさしき)(おとこ)だ。これからも宜しく(よろしく)お願いしマーティン!

梶原(かじはら)紀章(きしょう)千葉(ちば)ロッテマリーンズ広報(こうほう)

◆ ◆ ◆

※「文春(ぶんしゅん)野球(やきゅう)コラム ペナントレース2019」実施(じっし)(ちゅう)。コラムがおもしろいと思っ(おもっ)たらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13146 でHITボタンを押し(おし)てください。

梶原(かじはら) (きの)(あきら)

Loading