パレスチナ 10年前に壊されたサッカー場を日本が直す

パレスチナ 10(ねん)(まえ)壊さ(こわさ)れたサッカー(じょう)日本(にっぽん)直す(なおす)

パレスチナのガザ地区(ちく)にあるサッカー(じょう)は10(ねん)ぐらい(まえ)飛行機(ひこうき)攻撃(こうげき)されて壊さ(こわさ)れました。ガザ地区(ちく)支配(しはい)しているハマスというイスラム教のグループとイスラエルの(ぐん)戦っ(たたかっ)ていたためです。 日本(にっぽん)はパレスチナの(ひと)たちに頼ま(たのま)れて、去年(きょねん)からこのサッカー(じょう)直す(なおす)工事(こうじ)をしていました。10(にち)工事(こうじ)終わっ(おわっ)たことをお祝いする(しき)がありました。工事(こうじ)には日本(にっぽん)のお金で1(おく)(えん)ぐらいかかりました。 (しき)のあと、ガザ地区(ちく)とヨルダン川西岸(せいがん)のチームがサッカーの試合(しあい)行い(おこない)ました。ガザ地区(ちく)は2007(ねん)からハマスが支配(しはい)していて、ヨルダン川西岸(せいがん)(ひと)たちと交流(こうりゅう)することができなくなっていました。いつもは交流(こうりゅう)できない2つのチームが試合(しあい)をしたため、大勢(たいせい)(ひと)()にきました。 パレスチナにある日本(にっぽん)政府(せいふ)事務所(じむしょ)(ひと)は「スポーツでパレスチナを1つにすることができるように、日本(にっぽん)はこれからも協力(きょうりょく)します」と話し(はなし)ていました。

Loading