ノーベル化学(かがく)(しょう)はリチウムイオン電池(でんち)作っ(つくっ)吉野(よしの)(あきら)さん

「リチウムイオン電池(でんち)」を作っ(つくっ)吉野(よしの)(あきら)さんとアメリカの2(にん)研究(けんきゅう)(しゃ)が、今年(ことし)のノーベル(しょう)化学(かがく)(しょう)をもらうことになりました。吉野(よしの)さんは大阪(おおさか)()出身(しゅっしん)で、71(さい)です。ノーベル(しょう)をもらう日本人(にっぽんじん)吉野(よしの)さんが27(にん)()です。 吉野(よしの)さんは旭化成(あさひかせい)という会社(かいしゃ)で、充電(じゅうでん)することができる電池(でんち)研究(けんきゅう)をしてきました。そして1985(ねん)、リチウムイオン電池(でんち)作る(つくる)ことに成功(せいこう)しました。 リチウムイオン電池(でんち)小さく(ちいさく)て、電気(でんき)をたくさんためることができるため、スマートフォンや持っ(もっ)歩く(あるく)ことができるパソコンなどに使わ(つかわ)れています。電気(でんき)自動車(じどうしゃ)や、太陽(たいよう)(かぜ)作っ(つくっ)電気(でんき)をためるためにも使わ(つかわ)れていて、地球(ちきゅう)環境(かんきょう)にやさしい技術(ぎじゅつ)だと言わ(いわ)れています。 吉野(よしの)さんは「この電池(でんち)ができてからITの技術(ぎじゅつ)進ん(すすん)で、世界(せかい)変わり(かわり)ました。この電池(でんち)環境(かんきょう)問題(もんだい)解決(かいけつ)してほしいと多く(おおく)(ひと)考え(かんがえ)ているため、(しょう)をもらうことができたと思っ(おもっ)ています」と話し(はなし)ました。

Loading