ジンベエザメのロープをダイバーが切っ(きっ)助ける(たすける)

7月29(にち)沖縄(おきなわ)(けん)西表島(いりおもてじま)(うみ)で、(からだ)にロープを巻い(まい)たまま泳ぐ(およぐ)大きな(おおきな)(さかな)をダイバーの大工(だいく)泰幸(やすゆき)さんが見つけ(みつけ)ました。この(さかな)は7mぐらいのジンベエザメでした。太い(ふとい)ロープが(からだ)をきつく 巻い(まい)ていて、外れ(はずれ)なくなっていました。 大工(だいく)さんは、(ふね)からロープを切る(きる)道具(どうぐ)取っ(とっ)てきました。そして、ほかのダイバーと一緒(いっしょ)にジンベエザメのそばを泳ぎ(およぎ)ながら、ロープを少し(すこし)ずつ切り(きり)ました。ロープが(からだ)から外れる(はずれる)と、ジンベエザメは泳い(およい)でいきました。 大工(だいく)さんは「ジンベエザメが『助け(たすけ)てください』と言っ(いっ)ているように見え(みえ)ました。助ける(たすける)ことができてよかったです」と話し(はなし)ていました。

Loading