政府「台風や交通の情報を外国人にしっかり伝える」

政府(せいふ)台風(たいふう)交通(こうつう)情報(じょうほう)外国(がいこく)(じん)にしっかり伝える(つたえる)

大きく(おおきく)てとても強い(つよい)台風(たいふう)19(ごう)日本(にっぽん)近く(ちかく)()ています。12(にち)多く(おおく)飛行機(ひこうき)新幹線(しんかんせん)電車(でんしゃ)止まり(とまり)ます。 (こん)日本(にっぽん)ではラグビーのワールドカップを開い(ひらい)ているため、多く(おおく)外国(がいこく)(じん)()ています。このため政府(せいふ)は、外国(がいこく)(じん)台風(たいふう)交通(こうつう)情報(じょうほう)をしっかり伝える(つたえる)ようにすると言っ(いっ)ています。 大きな(おおきな)空港(くうこう)では、外国(がいこく)()ができる職員(しょくいん)新しい(あたらしい)情報(じょうほう)をすぐに伝え(つたえ)ます。 日本(にっぽん)政府(せいふ)観光(かんこう)(きょく)は24時間(じかん)英語(えいご)中国(ちゅうごく)()韓国(かんこく)()使っ(つかっ)電話(でんわ)相談(そうだん)できるようにしています。電話(でんわ)番号(ばんごう)は050ー3816ー2787です。 観光(かんこう)(ちょう)紹介(しょうかい)している「Safety tips」というアプリやSNSでも情報(じょうほう)伝え(つたえ)ます。観光(かんこう)案内(あんない)(しょ)などでは、スマートフォンなどを充電(じゅうでん)できるようにします。

Loading