甲子園(こうしえん)(なる)(ゆめ)家族(かぞく)(ゆめ) 東海大相模(とうかいだいさがみ)遠藤(えんどう)投手(とうしゅ)両親(りょうしん)

アルプススタンドで東海大相模(とうかいだいさがみ)ナインに声援(せいえん)送る(おくる)先発(せんぱつ)した遠藤(えんどう)母親(ははおや)道代(みちよ)さん(中央(ちゅうおう)(ひだり))、父親(ちちおや)成人(せいじん)さん(同右(どうう))=甲子園(こうしえん)

 11(にち)甲子園(こうしえん)球場(きゅうじょう)行わ(おこなわ)れた高校(こうこう)野球(やきゅう)全国(ぜんこく)選手権(せんしゅけん)大会(たいかい)初戦(しょせん)突破(とっぱ)した東海大相模(とうかいだいさがみ)立役者(たてやくしゃ)となった遠藤(えんどう)(しげる)(じょう)投手(とうしゅ)(3(ねん))は、2015(ねん)(なつ)全国(ぜんこく)制覇(せいは)同校(どうこう)憧れ(あこがれ)抱き(いだき)秋田(あきた)から単身(たんしん)神奈川(かながわ)にやってきた。アルプス(せき)秋田(あきた)から駆けつけ(かけつけ)両親(りょうしん)は、わが子の成長(せいちょう)()細め(ほそめ)た。

 遠藤(えんどう)投手(とうしゅ)先発(せんぱつ)して(はち)(かい)途中(とちゅう)1失点(しってん)打っ(うっ)ては2安打(あんだ)次男(じなん)活躍(かつやく)(はは)道代(みちよ)さん(48)は「どきどき。勝て(かて)てほっとした」と愛息(あいそく)そっくりの笑み(えみ)をはじけさせた。

 「(なに)かを成し遂げ(なしとげ)てほしい」との思い(おもい)から付け(つけ)られた()は「(しげる)」。秋田(あきた)金足(かなあし)(のう)(だか)投手(とうしゅ)として活躍(かつやく)し、社会(しゃかい)(じん)のTDKでもプレーした(ちち)成人(しげと)さん(47)の背中(せなか)追っ(おっ)てきた。中学(ちゅうがく)時代(じだい)には地元(じもと)のクラブチームを投打(とうだ)引っ張る(ひっぱる)二刀流(にとうりゅう)」として、全国(ぜんこく)大会(たいかい)導い(みちびい)た。

 コピー用紙(ようし)(ふで)書き(がき)して、自室(じしつ)(かべ)貼っ(はっ)目標(もくひょう)は「甲子園(こうしえん)優勝(ゆうしょう)(こう)入る(はいる)」。運命(うんめい)出会い(であい)中学(ちゅうがく)2(ねん)(なつ)だった。甲子園(こうしえん)頂点(ちょうてん)立っ(たっ)東海大相模(とうかいだいさがみ)躍進(やくしん)をテレビで見届け(みとどけ)、「(おれ)、ここに行く(いく)」と宣言(せんげん)東北(とうほく)(かく)(けん)強豪(きょうごう)(こう)誘い(さそい)断り(ことわり)激戦(げきせん)()神奈川(かながわ)乗り込ん(のりこん)できた。

 「まだまだ中身(なかみ)幼い(おさない)子ども(こども)」とみていた(はは)の「不安(ふあん)」は、入部(にゅうぶ)わずか(すう)週間(しゅうかん)現実(げんじつ)となったという。携帯(けいたい)電話(でんわ)にぽつりと一言(ひとこと)、「ホームシック」とメッセージが届く(とどく)珍しい(めずらしい)弱音(よわね)に「でも、自分(じぶん)選ん(えらん)(みち)でしょ」と返す(かえす)と、「だね」。(りょう)自立(じりつ)した生活(せいかつ)送り(おくり)、レギュラーの()もつかんだ。ある()家族(かぞく)食事(しょくじ)出掛ける(でかける)と「(おれ)予約(よやく)するよ」とスマートフォンを()取っ(とっ)た。息子(むすこ)成長(せいちょう)感じ(かんじ)瞬間(しゅんかん)だった。

 成人(せいじん)さんは高校(こうこう)時代(じだい)(なつ)秋田(あきた)大会(たいかい)8(きょう)敗退(はいたい)しただけに「ここでプレーする姿(すがた)()られるだけでうれしい。これでまた、目標(もくひょう)近づい(ちかずい)た」と感慨(かんがい)浸る(ひたる)(なる)(ゆめ)は、家族(かぞく)(ゆめ)成し遂げる(なしとげる)ための(なつ)続く(つずく)

Loading