コンビニ 食べ物(たべもの)捨て(すて)ないように新しい(あたらしい)売り(うり)(かた)始める(はじめる)

まだ食べる(たべる)ことができる食べ物(たべもの)捨てる(すてる)ことが問題(もんだい)になっています。コンビニやスーパーは、作っ(つくっ)てから長い(ながい)時間(じかん)売れ(うれ)ないで残っ(のこっ)ている弁当(べんとう)やおにぎりなどを、3(ねん)(まえ)には1(ねん)に66(まん)捨て(すて)ていました。このため、コンビニの会社(かいしゃ)は、食べ物(たべもの)捨て(すて)ないようにいろいろなやり方を考え(かんがえ)ています。 ローソンは、来月(らいげつ)11(にち)から愛媛(えひめ)(けん)沖縄(おきなわ)(けん)(みせ)で、作っ(つくっ)てから長い(ながい)時間(じかん)過ぎ(すぎ)食べ物(たべもの)買っ(かっ)(きゃく)にポイントを渡す(わたす)ことにしました。例えば(たとえば)(あさ)(ひる)(てん)並べ(ならべ)弁当(べんとう)午後(ごご)()よりあとに買っ(かっ)(きゃく)には、100(えん)買い物(かいもの)で5ポイント渡し(わたし)ます。ポイントは買い物(かいもの)のときお金の代わり(かわり)使う(つかう)ことができます。 セブン‐イレブンも、(あき)から、同じ(おなじ)ようにポイントを渡す(わたす)ことにしています。 ファミリーマートは、クリスマスのケーキなどその季節(きせつ)だけたくさん用意(ようい)する(もの)は、予約(よやく)した(ひと)売る(うる)ことにしています。

Loading