岐阜(ぎふ)(けん)白川(しらかわ)(むら) 世界(せかい)職人(しょくにん)合掌(がっしょう)造り(ずくり)(いえ)屋根(やね)新しく(あたらしく)する

岐阜(ぎふ)(けん)白川(しらかわ)(むら)には、(やま)のような(かたち)をした合掌(がっしょう)造り(ずくり)(いえ)がたくさんあって、世界(せかい)遺産(いさん)になっています。 合掌(がっしょう)造り(ずくり)(いえ)のように、かやを使っ(つかっ)屋根(やね)文化(ぶんか)がある(くに)(ひと)たちが集まっ(あつまっ)て、日本(にっぽん)会議(かいぎ)行っ(おこなっ)ています。白川(しらかわ)(むら)では19(にち)、オランダなど世界(せかい)職人(しょくにん)たちと(むら)(ひと)たち180(にん)が、屋根(やね)新しく(あたらしく)する作業(さぎょう)行い(おこない)ました。 作業(さぎょう)では、(なが)さ2m50cmぐらいのかやを屋根(やね)(うえ)にたくさん置い(おい)て、道具(どうぐ)使っ(つかっ)てかやを強く(つよく)たたいて、屋根(やね)新しく(あたらしく)しました。 スウェーデンから()職人(しょくにん)は「新しい(あたらしい)ことを習っ(ならっ)てすばらしい経験(けいけん)になりました。同じ(おなじ)仕事(しごと)をしている(ひと)たちなので、ことばがわからなくても交流(こうりゅう)できました」と話し(はなし)ていました。

Loading