千葉(ちば)(けん)銚子(ちょうし)() (いま)がおいしい「入梅(にゅうばい)いわし」の(りょう)始まる(はじまる)

千葉(ちば)(けん)銚子(ちょうし)()(うみ)では、たくさんのいわしをとることができます。銚子(ちょうし)()では、梅雨(つゆ)始まる(はじまる)(いま)季節(きせつ)のいわしを「入梅(にゅうばい)いわし」と呼ん(よん)でいます。この季節(きせつ)のいわしは(あぶら)多く(おおく)ておいしいと言わ(いわ)れています。 18(にち)銚子(ちょうし)()から10kmぐらい(きた)(うみ)でいわしの(りょう)をしました。(ふね)は、おなかが銀色(ぎんいろ)背中(せなか)青く(あおく)光る(ひかる)いわしをたくさんとって、(みなと)戻っ(もどっ)てきました。大きい(おおきい)いわしは(なが)さが20cm、(おも)さが150g以上(いじょう)ありました。刺身(さしみ)にしたり焼い(やい)たりして、いろいろな料理(りょうり)食べる(たべる)ことができます。 銚子(ちょうし)()の「入梅(にゅうばい)いわし」の(りょう)は7月の終わり(おわり)まで続く(つずく)予定(よてい)です。とったいわしは千葉(ちば)(けん)のほか、東京(とうきょう)()やその周り(まわり)(けん)などで売る(うる)ことになっています。

Loading