危険な運転の事件のあとドライブレコーダーを買う人が増える

危険(きけん)運転(うんてん)事件(じけん)のあとドライブレコーダーを買う(かう)(ひと)増える(ふえる)

8月10(にち)茨城(いばらき)(けん)高速(こうそく)道路(どうろ)白い(しろい)(くるま)危険(きけん)運転(うんてん)をして、会社(かいしゃ)(いん)(くるま)止め(とめ)ました。白い(しろい)(くるま)運転(うんてん)していた(おとこ)は、会社(かいしゃ)(いん)殴っ(なぐっ)てけがをさせました。 会社(かいしゃ)(いん)(くるま)には、(くるま)周り(まわり)のビデオを撮る(とる)ドライブレコーダーがついていました。警察(けいさつ)はビデオを調べ(しらべ)て、白い(しろい)(くるま)運転(うんてん)していた大阪(おおさか)()(おとこ)捕まえ(つかまえ)ました。白い(しろい)(くるま)同じ(おなじ)ナンバープレートをつけた(くるま)は、愛知(あいち)(けん)静岡(しずおか)(けん)でも、同じ(おなじ)ように危険(きけん)運転(うんてん)をしていました。 この事件(じけん)がニュースになってから、ドライブレコーダーを買う(かう)(ひと)増え(ふえ)ています。 (くるま)使う(つかう)(もの)売る(うる)(みせ)の1つは「去年(きょねん)の1.4(ばい)ぐらい売れ(うれ)ています。(くるま)(なか)(よこ)まで全部(ぜんぶ)撮る(とる)ドライブレコーダーもたくさん売れ(うれ)ています」と話し(はなし)ています。

Loading