(いま)まででいちばん若い(わかい)10(さい)囲碁(いご)のプロが初めて(はじめて)試合(しあい)をする

大阪(おおさか)()小学校(しょうがっこう)年生(ねんせい)(なか)(すみれ)さんは今月(こんげつ)(いま)まででいちばん若い(わかい)10(さい)囲碁(いご)のプロになりました。(なか)邑さんは22(にち)、プロになって初めて(はじめて)試合(しあい)をしました。 試合(しあい)相手(あいて)は16(さい)大森(おおもり)らんさんで、大森(おおもり)さんも今月(こんげつ)プロになったばかりです。試合(しあい)(なか)邑さんが大森(おおもり)さんに負け(まけ)ました。 (なか)邑さんは「緊張(きんちょう)して、あまりうまくできませんでした。悔しい(くやしい)です」と話し(はなし)ていました。

Loading