汚れたプラスチックのごみ 世界の新しいルールができる

汚れ(よごれ)たプラスチックのごみ 世界(せかい)新しい(あたらしい)ルールができる

プラスチックのごみは、きれいに洗わ(あらわ)なかったりほかの(もの)付い(つい)ていたりすると、リサイクルがしにくくなります。 スイスのジュネーブであった国際(こくさい)会議(かいぎ)で10(にち)汚れ(よごれ)たプラスチックのごみについて、新しい(あたらしい)ルールが決まり(きまり)ました。ごみを輸出(ゆしゅつ)しにくくして、(くに)(なか)でもっとリサイクルをしてもらうため、日本(にっぽん)とノルウェーがルールの(あん)出し(だし)ました。 新しい(あたらしい)ルールでは、汚れ(よごれ)たプラスチックのごみを輸出(ゆしゅつ)するためには、輸入(ゆにゅう)する(くに)が「自分(じぶん)(くに)入れ(いれ)てもいい」と言う(いう)ことが必要(ひつよう)です。 新しい(あたらしい)ルールは2021(ねん)始まり(はじまり)ます。

Loading