携帯(けいたい)電話(でんわ)などを使い(つかい)ながら運転(うんてん)したときの(ばち)厳しく(きびしく)なる

徳島(とくしま)()で2016(ねん)女性(じょせい)(にん)(くるま)にはねられて、1(にん)亡くなっ(なくなっ)て、1(にん)大きな(おおきな)けがをしました。(くるま)運転(うんてん)していた(おとこ)は、スマートフォンで「ポケモンGO」というゲームをしていました。このゲームをしながら運転(うんてん)していた(ひと)事故(じこ)で、(ひと)亡くなっ(なくなっ)たのは初めて(はじめて)でした。 携帯(けいたい)電話(でんわ)などを使い(つかい)ながら(くるま)運転(うんてん)する「ながら運転(うんてん)」は、このあともなくなっていません。このため警察庁(けいさつちょう)は、12月1(にち)から「ながら運転(うんてん)」の(ばち)厳しく(きびしく)しました。違反(いはん)したときに払う(はらう)お金は、(いま)までより高く(たかく)なりました。「ながら運転(うんてん)」で事故(じこ)起こし(おこし)場合(ばあい)、しばらく(くるま)運転(うんてん)ができなくなります。 2016(ねん)事故(じこ)大きな(おおきな)けがをした女性(じょせい)は「(まえ)()ないで運転(うんてん)するのは本当に(ほんとうに)危なく(あぶなく)怖い(こわい)ことです。『ながら運転(うんてん)』がなくなるようにみんなでもっと考え(かんがえ)てほしいです」と話し(はなし)ました。

Loading