青森(あおもり)(けん) 今年(ことし)も「ストーブ列車(れっしゃ)」の運転(うんてん)始まる(はじまる)

本州(ほんしゅう)のいちばん(きた)にある青森(あおもり)(けん)走る(はしる)津軽(つがる)鉄道(てつどう)は、(ふゆ)になると、石炭(せきたん)燃やす(もやす)ストーブを置い(おい)た「ストーブ列車(れっしゃ)」を運転(うんてん)しています。12月1(にち)今年(ことし)で90(ねん)()のストーブ列車(れっしゃ)走り(はしり)始め(はじめ)ました。 1(にち)津軽(つがる)五所川原(ごしょがわら)(えき)(しき)があって、青森(あおもり)(けん)(むかし)から伝わる(つたわる)津軽(つがる)三味線(しゃみせん)演奏(えんそう)がありました。最初(さいしょ)列車(れっしゃ)には150(にん)ぐらいの(きゃく)乗り(のり)ました。(きゃく)たちは、ストーブの(うえ)焼い(やい)たイカやお(さけ)などを楽しん(たのしん)でいました。 青森(あおもり)(けん)黒石(くろいし)()から()女性(じょせい)は「優しい(やさしい)暖か(あたたか)さのストーブがいいですね。小学生(しょうがくせい)だったころの気持ち(きもち)思い出し(おもいだし)ました」と話し(はなし)ていました。 津軽(つがる)鉄道(てつどう)では来年(らいねん)3月31(にち)まで毎日(まいにち)、ストーブ列車(れっしゃ)走り(はしり)ます。

Loading