京都 舞妓たちが八朔のあいさつで「ありがとう」を伝える

京都(きょうと) 舞妓(まいこ)たちが八朔(はっさく)のあいさつで「ありがとう」を伝える(つたえる)

八朔(はっさく)(むかし)(こよみ)で8月1(にち)のことです。 京都(きょうと)祇園(ぎおん)では8月1(にち)に、着物(きもの)()舞妓(まいこ)芸妓(げいぎ)が、(うた)踊り(おどり)見せる(みせる)(みせ)踊り(おどり)先生(せんせい)(ところ)行っ(いっ)感謝(かんしゃ)気持ち(きもち)伝え(つたえ)ています。八朔(はっさく)のあいさつと言わ(いわ)れています。(むかし)この()に、農家(のうか)(ひと)がお世話になっている(ひと)育て(そだて)(いね)贈っ(おくっ)たことから始まり(はじまり)ました。 舞妓(まいこ)たちは、お世話になっている(みせ)玄関(げんかん)で「これからもよろしくお願いします」とあいさつしました。(みせ)のおかみさんは「暑い(あつい)のにご苦労さまです」と言っ(いっ)ていました。 芸妓(げいぎ)の1(にん)は「(うた)踊り(おどり)見せる(みせる)(みせ)があるおかげで(わたし)たちがいます。『ありがとうございます』という気持ち(きもち)であいさつしています」と話し(はなし)ていました。

Loading