防衛省 中止していたF35の訓練を始める

防衛(ぼうえい)(しょう) 中止(ちゅうし)していたF35の訓練(くんれん)始める(はじめる)

F35は、アメリカなどが作っ(つくっ)攻撃(こうげき)するための新しい(あたらしい)飛行機(ひこうき)です。今年(ことし)4月、青森(あおもり)(けん)三沢(みさわ)基地(きち)のF35が訓練(くんれん)をしているときに(うみ)落ちる(おちる)事故(じこ)がありました。このあと防衛(ぼうえい)(しょう)はF35の訓練(くんれん)中止(ちゅうし)しました。 防衛(ぼうえい)(しょう)は8月1(にち)、パイロットの教育(きょういく)をしっかり行っ(いっ)て、飛行機(ひこうき)問題(もんだい)がないかしっかり調べ(しらべ)て、安全(あんぜん)飛ぶ(とぶ)ことができるようにしたので、また訓練(くんれん)始める(はじめる)言い(いい)ました。 1(にち)午後(ごご)()40(ふん)ごろ、2()のF35が三沢(みさわ)基地(きち)から飛ん(とん)で、訓練(くんれん)始め(はじめ)ました。4月の事故(じこ)は、(よる)訓練(くんれん)をしているときに起こり(おこり)ました。このため防衛(ぼうえい)(しょう)は、(よる)()はしばらく飛ば(とば)ないと言っ(いっ)ています。 防衛(ぼうえい)(しょう)は、F35を日本(にっぽん)(そら)守る(まもる)飛行機(ひこうき)中心(ちゅうしん)にしようと考え(かんがえ)ていて、10(ねん)くらいの()に147()買う(かう)計画(けいかく)です。岩屋(いわや)防衛(ぼうえい)大臣(だいじん)は「計画(けいかく)遅れ(おくれ)ないようにしたいです」と話し(はなし)ました。

Loading