サウジアラビアへの攻撃で石油の値段が高くなっている

サウジアラビアへの攻撃(こうげき)石油(せきゆ)値段(ねだん)高く(たかく)なっている

サウジアラビアで14(にち)石油(せきゆ)生産(せいさん)するための建物(たてもの)攻撃(こうげき)されました。サウジアラビアで生産(せいさん)できる石油(せきゆ)がいつもの半分(はんぶん)になって、世界(せかい)石油(せきゆ)値段(ねだん)(きゅう)高く(たかく)なりました。 18(にち)、サウジアラビアの大臣(だいじん)は「生産(せいさん)できる石油(せきゆ)はいつもと同じ(おなじ)ぐらいに戻り(もどり)ました」と言い(いい)ました。しかし、石油(せきゆ)値段(ねだん)はあまり下がら(さがら)なくて、攻撃(こうげき)される(まえ)より高い(たかい)ままです。 日本(にっぽん)輸入(ゆにゅう)している石油(せきゆ)の40%ぐらいはサウジアラビアの石油(せきゆ)です。経済(けいざい)産業(さんぎょう)(しょう)は、もし輸入(ゆにゅう)少なく(すくなく)なっても、いままでにためている石油(せきゆ)使っ(つかっ)て、足り(たり)なくならないようにすると言い(いい)ました。日本(にっぽん)は7月の終わり(おわり)には、236(にち)使う(つかう)ことができる(りょう)石油(せきゆ)をためていました。経済(けいざい)産業(さんぎょう)(しょう)は「いま(せん)日本(にっぽん)運ん(はこん)でいる石油(せきゆ)足す(たす)と、石油(せきゆ)十分(じゅうぶん)にあります」と話し(はなし)ています。

Loading