大分県 コンビニのたばこの灰皿をなくす実験を始める

大分(おおいた)(けん) コンビニのたばこの灰皿(はいざら)をなくす実験(じっけん)始める(はじめる)

たばこの(けむり)原因(げんいん)で、たばこを吸っ(すっ)ていない(ひと)病気(びょうき)になることがあります。 大分(おおいた)(けん)は、コンビニの(まえ)にたばこの灰皿(はいざら)置く(おく)ことをやめる実験(じっけん)始め(はじめ)ました。子ども(こども)もよく利用(りよう)するコンビニに灰皿(はいざら)があると、たばこの(けむり)吸っ(すっ)てしまうことがあるからです。 大分(おおいた)(けん)はローソン、セブン‐イレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキの253の(みせ)実験(じっけん)始め(はじめ)ました。灰皿(はいざら)置い(おい)ている(みせ)半分(はんぶん)ぐらいです。10月の終わり(おわり)まで実験(じっけん)をしたあと、灰皿(はいざら)置か(おか)ないほうがいいかどうか、(みせ)働い(はたらい)ている(ひと)(きゃく)意見(いけん)聞き(きき)ます。 大分(おおいた)(けん)は「みんなが安心(あんしん)してコンビニを利用(りよう)できるように、実験(じっけん)のあとも灰皿(はいざら)置か(おか)ない(みせ)増え(ふえ)てほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading