ノーベル賞の本庶さん「薬の特許の契約を変えてほしい」

ノーベル(しょう)(ほん)庶さん「(くすり)特許(とっきょ)契約(けいやく)変え(かえ)てほしい」

京都大(きょうとだい)(がく)特別(とくべつ)教授(きょうじゅ)(ほん)(たすく)さんは、(くすり)会社(かいしゃ)小野薬品工業(おのやくひんこうぎょう)一緒(いっしょ)に、がんを治療(ちりょう)する新しい(あたらしい)(くすり)をつくりました。この(くすり)研究(けんきゅう)などで、(ほん)庶さんは去年(きょねん)ノーベル(しょう)をもらいました。 (ほん)庶さんと小野薬品工業(おのやくひんこうぎょう)は、この(くすり)をつくる技術(ぎじゅつ)特許(とっきょ)持っ(もっ)ています。(ほん)庶さんは、ほかの会社(かいしゃ)がこの技術(ぎじゅつ)使う(つかう)ときに払っ(はらっ)たお金を、小野薬品工業(おのやくひんこうぎょう)分ける(わける) 契約(けいやく)をしています。(ほん)庶さんは10(にち)、「(いま)契約(けいやく)では、(わたし)がもらうお金がとても少ない(すくない)思い(おもい)ます」と言い(いい)ました。 京都大(きょうとだい)(がく)弁護士(べんごし)は「(いま)契約(けいやく)(ほん)庶さんがもらうお金は26(おく)(えん)ぐらいですが、正しく(まさしく)契約(けいやく)をしたら1000(おく)(えん)ぐらいになります」と話し(はなし)ています。 (ほん)庶さんはもらったお金を若い(わかい)(ひと)たちの研究(けんきゅう)のために使い(つかい)たいと考え(かんがえ)ていて、「会社(かいしゃ)大学(だいがく)正しく(ただしく)協力(きょうりょく)して、若い(わかい)研究(けんきゅう)(しゃ)育て(そだて)なければなりません」と話し(はなし)ています。 小野薬品工業(おのやくひんこうぎょう)は「(いま)契約(けいやく)とずいぶん違う(ちがう)ので、相談(そうだん)続け(つずけ)ています」と話し(はなし)ています。

Loading