世界(せかい)初めて(はじめて)ブラックホールの画像(がぞう)撮る(とる)

ブラックホールはとても強い(つよい)(ちから)(ひかり)電波(でんぱ)吸い込む(すいこむ)ため、見る(みる)ことができません。 日本(にっぽん)やアメリカ、ヨーロッパなどのグループは、(ひかり)(はや)さで地球(ちきゅう)から5500(まん)(ねん)離れ(はなれ)(ところ)にあるブラックホールを調べ(しらべ)ました。(みなみ)アメリカのチリなど世界中(せかいじゅう)にある6つの電波(でんぱ)望遠鏡(ぼうえんきょう)使っ(つかっ)て、同じ(おなじ)時間(じかん)に、ブラックホールの周り(まわり)にあるガスやごみなどが出す(だす)電波(でんぱ)のデータを集め(あつめ)ました。そしてデータから画像(がぞう)をつくりました。 画像(がぞう)では、ブラックホールの周り(まわり)にあるガスなどが出す(だす)電波(でんぱ)(あか)(しろ)、その(なか)黒い(くろい)(あな)のように見え(みえ)ます。 グループは「世界(せかい)初めて(はじめて)、ブラックホールの画像(がぞう)撮る(とる)ことができました。これからブラックホールのことや宇宙(うちゅう)がどうやってできたかなどがもっとわかるようになると思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading