5つのレベルで(あめ)避難(ひなん)情報(じょうほう)伝える(つたえる)

去年(きょねん)西日本(にしにほん)(あめ)がたくさん降っ(ふっ)多く(おおく)(ひと)亡くなり(なくなり)ました。このとき、気象庁(きしょうちょう)役所(やくしょ)などは避難(ひなん)災害(さいがい)情報(じょうほう)をたくさん出し(だし)ました。しかし避難(ひなん)した(ひと)はあまりいませんでした。 このため(くに)気象庁(きしょうちょう)は、もっとわかりやすく災害(さいがい)情報(じょうほう)伝える(つたえる)ために、29(にち)から5つのレベルで知らせる(しらせる)ことにしました。 最も(もっとも)低い(ひくい)レベル1が()たら、(あめ)(かわ)などの情報(じょうほう)をテレビやインターネットなどで見る(みる)ように()をつけてください。レベル2が()たら、どこにどうやって避難(ひなん)するか調べ(しらべ)てください。 レベル3が()たら、お年寄り(としより)(からだ)障害(しょうがい)がある(ひと)などは、避難(ひなん)始め(はじめ)てください。レベル4が()たら、みんな避難(ひなん)始め(はじめ)てください。 最も(もっとも)高い(たかい)レベル5が()たら、災害(さいがい)起こっ(おこっ)ています。レベル5が出る(でる)(まえ)安全(あんぜん)場所(ばしょ)避難(ひなん)することが大切(たいせつ)です。

Loading