日本(にっぽん)海岸(かいがん)掃除(そうじ)して「プラスチックのごみをなくそう」

5月30(にち)は「530」が「ごみゼロ」と読む(よむ)こともできるため、日本(にっぽん)では、ごみについて考える(かんがえる)()になっています。 環境省(かんきょうしょう)日本(にっぽん)財団(ざいだん)は5月30(にち)から、日本(にっぽん)海岸(かいがん)掃除(そうじ)するキャンペーンを始め(はじめ)ました。(うみ)汚れる(よごれる)原因(げんいん)になるプラスチックのごみをなくしたいと考え(かんがえ)ています。 神奈川(かながわ)(けん)藤沢(ふじさわ)()海岸(かいがん)には400(にん)以上(いじょう)集まっ(あつまっ)て、ペットボトルやお菓子の(ふくろ)などプラスチックのごみを1つ1つ拾い(ひろい)ました。環境省(かんきょうしょう)によると、プラスチックのごみは(うみ)流れる(ながれる)集める(あつめる)ことが難しい(むずかしい)ため、(うみ)流れ(ながれ)ないようにすることが大切(たいせつ)です。 キャンペーンは、(うみ)について考える(かんがえる)世界(せかい)海洋(かいよう)デー」の6月8(にち)まで行い(おこない)ます。環境省(かんきょうしょう)などは、日本(にっぽん)の2000の場所(ばしょ)で80(まん)(にん)ぐらいが海岸(かいがん)掃除(そうじ)行う(おこなう)ことを考え(かんがえ)ています。

Loading