(むかし)から続い(つずい)ているお盆の行事(ぎょうじ)京都(きょうと)五山(ごさん)送り火(おくりび)」を行う(おこなう)

お盆が終わる(おわる)16(にち)(よる)、300(ねん)以上(いじょう)(まえ)から続い(つずい)ている「京都(きょうと)五山(ごさん)送り火(おくりび)」がありました。京都(きょうと)(まち)周り(まわり)にある5つの(やま)()()(かたち)などを作っ(つくっ)て、お盆で戻っ(もどっ)てきた先祖(せんぞ)(れい)送る(おくる)行事(ぎょうじ)です。 今年(ことし)台風(たいふう)近く(ちかく)()たため心配(しんぱい)していましたが、午後(ごご)()予定(よてい)どおり始まり(はじまり)ました。まず、大文字山(だいもんじやま)で「(だい)」の()(かたち)並べ(ならべ)()()をつけると、暗い(くらい)(やま)大きな(おおきな)(だい)」という()明るく(あかるく)光り(ひかり)ました。そのあと、ほかの(やま)でも()をつけて、(ふね)鳥居(とりい)(かたち)などができました。 (まち)やビルの屋上(おくじょう)などでは、大勢(たいせい)(ひと)暗い(くらい)(やま)明るく(あかるく)光る(ひかる)()(かたち)()ていました。お年寄り(としより)女性(じょせい)は「主人(しゅじん)亡くなっ(なくなっ)て、今年(ことし)初めて(はじめて)のお盆なので()()ました。静か(しずか)気持ち(きもち)(れい)送る(おくる)ことができました」と話し(はなし)ていました。

Loading