学校(がっこう)病院(びょういん)(なか)でたばこを吸う(すう)ことが禁止(きんし)になる

たばこの(けむり)原因(げんいん)で、たばこを吸っ(すっ)ていない(ひと)病気(びょうき)になることがあるため、去年(きょねん)法律(ほうりつ)ができました。 7月1(にち)から日本(にっぽん)全部(ぜんぶ)学校(がっこう)病院(びょういん)役所(やくしょ)などの(なか)で、たばこを吸う(すう)ことが禁止(きんし)になりました。 このような建物(たてもの)(なか)に、たばこを吸う(すう)ことができる「喫煙(きつえん)(しょ)」を作る(つくる)ことができなくなりました。建物(たてもの)(そと)でも、喫煙(きつえん)(しょ)以外(いがい)では吸う(すう)ことができません。吸っ(すっ)てはいけない場所(ばしょ)でたばこを吸っ(すっ)て、注意(ちゅうい)されてもやめない(ひと)は、最も(もっとも)多い(おおい)場合(ばあい)(ばち)で30(まん)(えん)払わ(はらわ)なければなりません。 このほかに、来年(らいねん)4月1(にち)から大きな(おおきな)レストランや会社(かいしゃ)事務所(じむしょ)などでは、喫煙(きつえん)(しょ)以外(いがい)でたばこを吸う(すう)ことが禁止(きんし)になります。

Loading