日本語を読んだり書いたりできない人を調べる

日本語(にほんご)読ん(よん)だり書い(かい)たりできない(ひと)調べる(しらべる)

最近(さいきん)、いじめや病気(びょうき)(おや)からの虐待(ぎゃくたい)など、いろいろな理由(りゆう)学校(がっこう)行く(いく)ことができない子ども(こども)増え(ふえ)ています。外国(がいこく)から日本(にっぽん)()働い(はたらい)ている(ひと)子ども(こども)多く(おおく)なっています。 このため国立(こくりつ)国語(こくご)研究所(けんきゅうじょ)は、日本(にっぽん)生活(せいかつ)していて簡単(かんたん)日本語(にほんご)読ん(よん)だり書い(かい)たりできない(ひと)がどのくらいいるか調べる(しらべる)ことにしました。 日本(にっぽん)には、中学校(ちゅうがっこう)十分(じゅうぶん)通う(かよう)ことができなかった(ひと)などが勉強(べんきょう)している「夜間(やかん)中学(ちゅうがく)」というクラスがあります。国立(こくりつ)国語(こくご)研究所(けんきゅうじょ)は、夜間(やかん)中学(ちゅうがく)日本語(にほんご)勉強(べんきょう)する教室(きょうしつ)通っ(かよっ)ている16(さい)以上(いじょう)日本人(にっぽんじん)外国(がいこく)(じん)調べ(しらべ)ます。この(ひと)たちの生活(せいかつ)についても聞き(きき)ます。 日本(にっぽん)では(いま)までの70(ねん)、このような調査(ちょうさ)をしていませんでした。

Loading