258gで生まれ(うまれ)赤ちゃん(あかちゃん) 長野(ながの)(けん)病院(びょういん)元気(げんき)退院(たいいん)

去年(きょねん)10月、長野(ながの)(けん)安曇(あずみ)野市(のいち)にある県立(けんりつ)こども病院(びょういん)で258gで生まれ(うまれ)て、入院(にゅういん)していた赤ちゃん(あかちゃん)が、4月20(にち)元気(げんき)退院(たいいん)しました。 赤ちゃん(あかちゃん)名前(なまえ)関野(せきの)(りゅう)(たすく)ちゃんで、いま体重(たいじゅう)は3374g、身長(しんちょう)は43cmになりました。(りゅう)(たすく)ちゃんは世界(せかい)でいちばん小さく(ちいさく)生まれ(うまれ)て、元気(げんき)退院(たいいん)した男の子(おとこのこ)だと病院(びょういん)話し(はなし)ています。 両親(りょうしん)一緒(いっしょ)(りゅう)(たすく)ちゃんが部屋(へや)から()てくると、3(にん)のきょうだいは1(にん)(にん)(りゅう)(たすく)ちゃんを抱い(だい)喜ん(よろこん)でいました。(りゅう)(たすく)ちゃんのお母さんは「ミルクをあげたりお風呂(ふろ)入れ(いれ)たりして、普通(ふつう)生活(せいかつ)ができるようにしていきたいです。大きく(おおきく)なったら(ひと)役に立つ(やくにたつ)(ひと)になってほしいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading