子ども(こども)食堂(しょくどう)」が増え(ふえ)ている

子ども(こども)食堂(しょくどう)」は、(おや)働い(はたらい)ていて1(にん)食事(しょくじ)をしなければならない子ども(こども)などが、無料(むりょう)少ない(すくない)お金で食事(しょくじ)ができる(ところ)です。 子ども(こども)食堂(しょくどう)応援(おうえん)しているNPOによると、子ども(こども)食堂(しょくどう)今年(ことし)5月に3718ありました。去年(きょねん)4月より1400以上(いじょう)増え(ふえ)て、1.6(ばい)になりました。子ども(こども)食堂(しょくどう)がいちばん多い(おおい)(ところ)東京(とうきょう)()で、488ありました。人口(じんこう)多い(おおい)(ところ)多く(おおく)なっています。少ない(すくない)(ところ)は11ある秋田(あきた)(けん)などでした。 このNPOは、小学校(しょうがっこう)がある(ところ)子ども(こども)食堂(しょくどう)も1つあるのがいちばんいいと考え(かんがえ)ています。沖縄(おきなわ)(けん)にある子ども(こども)食堂(しょくどう)(かず)小学校(しょうがっこう)(かず)の60.5%で、日本(にっぽん)でいちばん高い(たかい)割合(わりあい)になっています。いちばん低い(ひくい)(ところ)秋田(あきた)(けん)で5.5%でした。 NPOは「子ども(こども)食堂(しょくどう)は、お金に困っ(こまっ)ている家庭(かてい)子ども(こども)のためだけではなくて、子ども(こども)からお年寄り(としより)までいろいろな(ひと)交流(こうりゅう)できる(ところ)です。このことをみなさんに知っ(しっ)てほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading