「テロから守る施設ができない場合は原発を止める」

「テロから守る(まもる)施設(しせつ)ができない場合(ばあい)原発(げんぱつ)止める(とめる)

福島(ふくしま)(けん)にある原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)事故(じこ)のあと、(くに)全部(ぜんぶ)原発(げんぱつ)止め(とめ)ました。原発(げんぱつ)をもう一度動かす(うごかす)ためには、安全(あんぜん)のために必要(ひつよう)工事(こうじ)をしなければならないと決まり(きまり)ました。 決まり(きまり)では、テロから守る(まもる)ために飛行機(ひこうき)などがぶつかっても、100m以上(いじょう)離れ(はなれ)(ところ)から原発(げんぱつ)動かす(うごかす)ことができる施設(しせつ)作ら(つくら)なければなりません。もう一度原発(げんぱつ)動かす(うごかす)ための工事(こうじ)計画(けいかく)(くに)認め(みとめ)られてから5(ねん)以内(いない)作ら(つくら)なければなりません。 しかし、九州電力(きゅうしゅうでんりょく)関西電力(かんさいでんりょく)四国電力(しこくでんりょく)工事(こうじ)遅れ(おくれ)ていると言っ(いっ)ています。 (くに)原子力(げんしりょく)規制(きせい)委員(いいん)(かい)は24(にち)予定(よてい)通り(どおり)施設(しせつ)ができない場合(ばあい)は、原発(げんぱつ)運転(うんてん)止める(とめる)命令(めいれい)出す(だす)言い(いい)ました。 鹿児島(かごしま)(けん)にある九州電力(きゅうしゅうでんりょく)川内原(かわないはら)(はつ)号機(ごうき)は、来年(らいねん)3月までに施設(しせつ)作ら(つくら)なければなりません。しかし会社(かいしゃ)は、工事(こうじ)終わる(おわる)まで2(ねん)ぐらいかかりそうだと言っ(いっ)ています。

Loading