台風のあと 電車に乗る人が集まって駅がとても混む

台風(たいふう)のあと 電車(でんしゃ)乗る(のる)(ひと)集まっ(あつまっ)(えき)がとても混む(こむ)

(にち)(あさ)台風(たいふう)15(ごう)関東(かんとう)地方(ちほう)通り(とおり)ました。鉄道(てつどう)会社(かいしゃ)は、9(にち)(あさ)電車(でんしゃ)止める(とめる)計画(けいかく)発表(はっぴょう)していました。9(にち)(あさ)電車(でんしゃ)運転(うんてん)始まる(はじまる)予定(よてい)時間(じかん)になると、大勢(たいせい)(ひと)(えき)()ました。しかし多く(おおく)電車(でんしゃ)運転(うんてん)始める(はじめる)のが予定(よてい)より遅れ(おくれ)たため、(えき)(なか)(ひと)入る(はいる)ことができないぐらい混み(こみ)ました。 運転(うんてん)始める(はじめる)のが遅れ(おくれ)理由(りゆう)は、(かぜ)弱く(よわく)なるのが思っ(おもっ)ていたより遅れ(おくれ)たり、線路(せんろ)(うえ)()倒れ(たおれ)片づける(かたずける)のに時間(じかん)がかかったりしたためです。運転(うんてん)始め(はじめ)たあとも、電車(でんしゃ)(かず)少なかっ(すくなかっ)たため、たくさんの(ひと)乗る(のる)ことができませんでした。 交通(こうつう)専門(せんもん)()は「会社(かいしゃ)役所(やくしょ)などは、台風(たいふう)通っ(とおっ)たあとも急い(いそい)()なくてもいいと働く(はたらく)(ひと)伝える(つたえる)ことも必要(ひつよう)だと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading