EU イギリスが出る日を10月の終わりまでに延ばす

EU イギリスが出る(でる)()を10月の終わり(おわり)までに延ばす(のばす)

イギリスは、4月12(にち)までにEUから出る(でる)ことになっていました。しかし12(にち)近く(ちかく)なっても、イギリスが()たあとの貿易(ぼうえき)などについてEUとどんな約束(やくそく)をするか、イギリスの議会(ぎかい)意見(いけん)がまとまりませんでした。 このためEUは10(にち)会議(かいぎ)開き(ひらき)ました。イギリスのメイ首相(しゅしょう)は、EUを出る(でる)()遅く(おそく)して、6月の終わり(おわり)までに延ばし(のばし)てほしいという考え(かんがえ)です。会議(かいぎ)では、このことに賛成(さんせい)するかどうか話し(はなし)ました。5時間(じかん)続い(つずい)会議(かいぎ)でEUは、イギリスがEUを出る(でる)()を10月31(にち)までに延ばす(のばす)ことを決め(きめ)ました。 EUを()たあとの約束(やくそく)について、イギリスの議会(ぎかい)意見(いけん)がまとまった場合(ばあい)は、10月より(まえ)出る(でる)ことになります。 EUのトゥスク大統領(だいとうりょう)は「イギリスは時間(じかん)大切(たいせつ)使っ(つかっ)てほしい」と話し(はなし)ました。 イギリスのメイ首相(しゅしょう)は「議会(ぎかい)意見(いけん)をまとめることは難しい(むずかしい)。しかし、国民(こくみん)意見(いけん)聞い(きい)てEUから出る(でる)ことを決め(きめ)たので、できるだけ早く(はやく)EUから()て、(くに)(まえ)進め(すすめ)なければならない」と話し(はなし)ました。

Loading