コンビニの会社(かいしゃ) 「(みせ)をあまり増やさ(ふやさ)ないようにする」

コンビニの(みせ)日本(にっぽん)に5(まん)5000あります。競争(きょうそう)激しく(はげしく)なって、利益(りえき)少なく(すくなく)なっている(みせ)増え(ふえ)ています。働く(はたらく)(ひと)足り(たり)なくて、1(にち)に24時間(じかん)(てん)開け(あけ)ていることが難しい(むずかしい)言う(いう)(みせ)もあります。 このためコンビニの会社(かいしゃ)(いま)までの計画(けいかく)変え(かえ)て、あまり(てん)増やさ(ふやさ)ないことにすると言っ(いっ)ています。 ローソンは1(ねん)に700ぐらいの(みせ)新しく(あたらしく)作っ(つくっ)て、700ぐらいの(みせ)閉める(しめる)計画(けいかく)です。このため、(みせ)(かず)増え(ふえ)なくなりそうです。 セブン-イレブンは、新しく(あたらしく)作る(つくる)(みせ)(まえ)(とし)より40%減らし(へらし)て850にします。そして、750の(みせ)閉める(しめる)計画(けいかく)です。 ファミリーマートも、(みせ)増やす(ふやす)のは100だけにする計画(けいかく)です。 3つの会社(かいしゃ)は、(いま)ある(みせ)利益(りえき)増やす(ふやす)ことや、新しい(あたらしい)機械(きかい)(みせ)入れ(いれ)仕事(しごと)少なく(すくなく)することを考える(かんがえる)言っ(いっ)ています。

Loading