北海道 見えなくなった島を海上保安庁が調べる

北海道(ほっかいどう) 見え(みえ)なくなった(しま)海上保安庁(かいじょうほあんちょう)調べる(しらべる)

32(ねん)(まえ)北海道(ほっかいどう)猿払(さるふつ)(むら)から500mぐらいの(ところ)で、(うみ)(うえ)に1.4mぐらい()ているとても小さい(ちいさい)(しま)見つかり(みつかり)ました。 去年(きょねん)10月、猿払(さるふつ)(むら)住ん(すん)でいる(ひと)から(しま)見え(みえ)なくなったという連絡(れんらく)がありました。今月(こんげつ)20(にち)海上保安庁(かいじょうほあんちょう)(しま)見え(みえ)ていた(ところ)周り(まわり)(うみ)調べ(しらべ)始め(はじめ)ました。 世界(せかい)のルールでは、(しま)(うみ)(うえ)()ていなければならないと決まっ(きまっ)ています。海上保安庁(かいじょうほあんちょう)は、(なみ)(こおり)がぶつかって(うみ)(うえ)()ていた(ところ)がなくなったかもしれないと考え(かんがえ)ています。 海上保安庁(かいじょうほあんちょう)は「海面(かいめん)から(ふか)さ1mぐらいの(ところ)(いわ)がありました。今日(きょう)海面(かいめん)高く(たかく)なっていたので、低く(ひくく)なるときに(うみ)(うえ)出る(でる)かどうか調べ(しらべ)ます」と言っ(いっ)ています。

Loading