最後の「エアレース」の世界選手権で室屋選手が優勝

最後(さいご)の「エアレース」の世界(せかい)選手権(せんしゅけん)室屋(むろや)選手(せんしゅ)優勝(ゆうしょう)

「エアレース」は、(うみ)(うえ)作っ(つくっ)たコースを、時速(じそく)370kmが出る(でる)小さい(ちいさい)飛行機(ひこうき)飛ん(とん)で、タイムの(はや)さを競争(きょうそう)するスポーツです。千葉(ちば)()世界(せかい)選手権(せんしゅけん)があって、世界(せかい)(くに)から14(にん)()ました。 日本(にっぽん)室屋(むろや)義秀(よしひで)選手(せんしゅ)は、(いま)まで2(かい)優勝(ゆうしょう)したことがあります。室屋(むろや)選手(せんしゅ)最初(さいしょ)のレースで負け(まけ)ましたが、負け(まけ)(ひと)(なか)でタイムがいちばん速かっ(はやかっ)たため、(つぎ)のレースに進む(すすむ)ことができました。そして最後(さいご)に4(にん)行っ(おこなっ)たレースで勝っ(かっ)て、優勝(ゆうしょう)しました。 エアレースの世界(せかい)選手権(せんしゅけん)今年(ことし)最後(さいご)です。室屋(むろや)選手(せんしゅ)は「世界(せかい)選手権(せんしゅけん)はエアレースのことを全然(ぜんぜん)知ら(しら)なかった(ひと)にも知っ(しっ)てもらう機会(きかい)になりました。すごく感謝(かんしゃ)しています」と話し(はなし)ていました。

Loading