将来国の年金がどのくらいになるか計算する

将来(しょうらい)(こく)年金(ねんきん)がどのくらいになるか計算(けいさん)する

厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、(くに)年金(ねんきん)将来(しょうらい)どのくらいになるか計算(けいさん)して、27(にち)発表(はっぴょう)しました。(いま)制度(せいど)では、働い(はたらい)ている(ひと)出す(だす)お金や(くに)がためたお金などから、(とし)をとって仕事(しごと)をやめた(ひと)年金(ねんきん)払っ(はらっ)ています。年金(ねんきん)働い(はたらい)ている(ひと)平均(へいきん)収入(しゅうにゅう)の50%以上(いじょう)払う(はらう)ことになっていて、(いま)は61.7%です。 発表(はっぴょう)によると、経済(けいざい)成長(せいちょう)した場合(ばあい)年金(ねんきん)減り(へり)ますが50%以上(いじょう)になります。しかし、経済(けいざい)成長(せいちょう)しなかった場合(ばあい)、30(ねん)ぐらいすると(くに)がためていたお金がなくなって、年金(ねんきん)は36%ぐらいまで減り(へり)そうです。 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、(くに)年金(ねんきん)続ける(つずける)ためにどのようにしたらいいか、これから話し合っ(はなしあっ)ていきます。

Loading