東京(とうきょう)オリンピックのメダル どこから()ても美しく(うつくしく)光る(ひかる)

東京(とうきょう)オリンピックが始まる(はじまる)まであと1(ねん)になった24(にち)、メダルのデザインの発表(はっぴょう)がありました。 (ひょう)は、ギリシャの女神(めがみ)などをデザインすることに決まっ(きまっ)ています。(うら)には東京(とうきょう)オリンピックのマークが入っ(はいっ)ています。このメダルは、選手(せんしゅ)(くび)にかけたときに、どこから()ても美しく(うつくしく)光る(ひかる)デザインになっています。 メダルは、使わ(つかわ)なくなった携帯(けいたい)電話(でんわ)などから集め(あつめ)金属(きんぞく)作り(つくり)ます。直径(ちょっけい)は85mmで、(あつ)さは12mmぐらいです。(おも)さは、(きむ)が556g、(ぎん)が550g、(どう)が450gです。(きん)(ぎん)は、(なつ)のオリンピックのメダルでいちばん重く(おもく)なりました。来年(らいねん)5月までに、全部(ぜんぶ)で2500()ぐらいのメダルを作り(つくり)ます。 メダルを()たバスケットボールの渡邊(わたなべ)雄太(ゆうた)選手(せんしゅ)は「とても光っ(ひかっ)ていて、不思議(ふしぎ)(ちから)感じ(かんじ)ます。このメダルをかけたいです」と話し(はなし)ていました。

Loading