安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)がハンセン病になった(ひと)家族(かぞく)会っ(あっ)謝る(あやまる)

ハンセン病になった(ひと)家族(かぞく)は、(くに)間違っ(まちがっ)考え方(かんがえかた)でハンセン病の(ひと)療養(りょうよう)(しょ)入れ(いれ)続け(つずけ)たため家族(かぞく)差別(さべつ)されたと言っ(いっ)て、裁判(さいばん)訴え(うったえ)ました。裁判所(さいばんしょ)先月(せんげつ)28(にち)家族(かぞく)差別(さべつ)されたのは(くに)責任(せきにん)があると言い(いい)ました。 安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)は24(にち)家族(かぞく)(ひと)たちに会っ(あっ)て「長い(ながい)()皆様(みなさま)苦しま(くるしま)せてしまいました。政府(せいふ)代表(だいひょう)して、心から(こころから)深く(ふかく)おわびします」と言っ(いっ)謝り(あやまり)ました。そして「裁判(さいばん)参加(さんか)しなかった(ひと)にも補償(ほしょう)のお金を払う(はらう)ための新しい(あたらしい)法律(ほうりつ)作り(つくり)ます」と話し(はなし)ました。 (くに)訴え(うったえ)(はやし)(つとむ)さんは「長い(ながい)()ハンセン病の(ひと)差別(さべつ)してきた社会(しゃかい)変わる(かわる)のは簡単(かんたん)ではありません。(くに)間違っ(まちがっ)考え方(かんがえかた)がなくなるように努力(どりょく)してほしいです」と安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)言い(いい)ました。

Loading