ミャンマー ロヒンギャの問題(もんだい)調べ(しらべ)記者(きしゃ)刑務所(けいむしょ)から出る(でる)

ミャンマーの政府(せいふ)は7(にち)(やく)6500(にん)刑務所(けいむしょ)から出し(だし)自由(じゆう)にすると言い(いい)ました。ロイター通信の記者(きしゃ)のワ・ローンさんと、チョー・ソー・ウーさんも刑務所(けいむしょ)から()自由(じゆう)になりました。 2(にん)記者(きしゃ)は、ミャンマーでイスラム教を信じ(しんじ)ているロヒンギャの(ひと)たちがひどいことをされたという問題(もんだい)について調べ(しらべ)ていました。しかし、おととし、(くに)書類(しょるい)正しく(ただしく)ないやり方でもらったという理由(りゆう)警察(けいさつ)捕まり(つかまり)ました。そして、先月(せんげつ)裁判(さいばん)刑務所(けいむしょ)に7(ねん)入る(はいる)ことが決まり(きまり)ました。このため、「ミャンマーでは本当(ほんとう)のことを伝える(つたえる)ことができなくなっている」などと世界(せかい)言わ(いわ)れていました。 ワ・ローンさんは「本当に(ほんとうに)うれしいです。早く(はやく)ニュースの仕事(しごと)戻り(もどり)たいです」と話し(はなし)ました。 ロイター通信は「2(にん)はニュースを自由(じゆう)伝える(つたえる)大切(たいせつ)さをみんなに知らせ(しらせ)ました」と言い(いい)ました。

Loading