「長い休みのあと学校へ行きたくない子どもは休ませて」

長い(ながい)休み(やすみ)のあと学校(がっこう)行き(いき)たくない子ども(こども)休ま(やすま)せて」

今年(ことし)は5月6(にち)まで休み(やすみ)が10(にち)続き(つずき)ました。 NPOの「チャイルドライン支援(しえん)センター」は、子ども(こども)からの相談(そうだん)電話(でんわ)やインターネットで受け(うけ)ています。センターによると、休み(やすみ)終わる(おわる)少し(すこし)(まえ)から「学校(がっこう)行き(いき)たくない」とか「学校(がっこう)勉強(べんきょう)がわかるか心配(しんぱい)だ」という相談(そうだん)増え(ふえ)ています。 センターは「4月に学校(がっこう)始まっ(はじまっ)て、まだ慣れ(なれ)ていないときに長い(ながい)休み(やすみ)があると、子ども(こども)学校(がっこう)生活(せいかつ)心配(しんぱい)になりやすいです」と話し(はなし)ています。家族(かぞく)に「学校(がっこう)行き(いき)たくない」とはっきり言わ(いわ)ない子ども(こども)もいます。 センターは、おなかや(あたま)痛い(いたい)(よる)眠る(ねむる)ことができないなど、いつもと様子(ようす)違う(ちがう)子ども(こども)は、心配(しんぱい)やストレスがとても大きく(おおきく)なっていると言っ(いっ)ています。そして、「このようなときは子ども(こども)無理(むり)学校(がっこう)行か(いか)せないで、休ま(やすま)せましょう」と言っ(いっ)ています。

Loading