水泳の世界選手権で瀬戸選手が金メダルを2つ取る

水泳(すいえい)世界(せかい)選手権(せんしゅけん)瀬戸(せと)選手(せんしゅ)金メダル(きんめだる)を2つ取る(とる)

水泳(すいえい)世界(せかい)選手権(せんしゅけん)が28(にち)まで韓国(かんこく)でありました。25(さい)瀬戸(せと)(だい)選手(せんしゅ)は、200mと400mの個人(こじん)メドレーで金メダル(きんめだる)取り(とり)ました。瀬戸(せと)選手(せんしゅ)(いま)までに世界(せかい)選手権(せんしゅけん)取っ(とっ)金メダル(きんめだる)は、日本人(にっぽんじん)でいちばん多い(おおい)4つになりました。 日本(にっぽん)水泳(すいえい)のチームは29(にち)羽田空港(はねだくうこう)帰っ(かえっ)てきました。瀬戸(せと)選手(せんしゅ)は「みなさんが安心(あんしん)して見る(みる)ことができる強い(つよい)選手(せんしゅ)になりたいです。来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックで金メダル(きんめだる)取る(とる)ためにがんばります」と話し(はなし)ました。

Loading