パワーハラスメントをなくすための法律(ほうりつ)ができる

パワーハラスメントは、働く(はたらく)(ひと)暴力(ぼうりょく)をしたり、つらい気持ち(きもち)にさせたりすることです。短く(みじかく)して、「パワハラ」と言う(いう)こともあります。 会社(かいしゃ)工場(こうじょう)などで、パワハラをなくすための法律(ほうりつ)ができました。この法律(ほうりつ)で、会社(かいしゃ)などは働く(はたらく)(ひと)からパワハラの相談(そうだん)聞か(きか)なければならないと決まり(きまり)ました。相談(そうだん)をした(ひと)をやめさせたり、(いや)仕事(しごと)変え(かえ)たりすることも禁止(きんし)します。そして、妊娠(にんしん)した女性(じょせい)子ども(こども)産ん(うん)女性(じょせい)公平(こうへい)働かせる(はたらかせる)ことも決め(きめ)ました。 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、パワハラについての細かい(こまかい)ルールなどをこれから決める(きめる)言っ(いっ)ています。

Loading