「百舌鳥・古市古墳群」がユネスコの世界遺産に決まりそう

百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」がユネスコの世界(せかい)遺産(いさん)決まり(きまり)そう

日本(にっぽん)は、大阪(おおさか)()にある「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」をユネスコの世界(せかい)遺産(いさん)推薦(すいせん)しています。 「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」は、4世紀(せいき)から5世紀(せいき)ごろの偉い(えらい)(ひと)たちの(はか)です。全部(ぜんぶ)で49の(はか)があります。仁徳天皇(にんとくてんのう)(はか)だと言わ(いわ)れているとても大きい(おおきい)(はか)(なが)さが486mあります。 ユネスコに協力(きょうりょく)しているイコモスは「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」について調べ(しらべ)ました。そして、世界(せかい)遺産(いさん)にしたほうがいいとユネスコに伝え(つたえ)ました。 「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」は、今年(ことし)のユネスコの会議(かいぎ)世界(せかい)遺産(いさん)になることが決まり(きまり)そうです。

Loading