火事から1週間 首里城を建てるために多くの人が応援

火事(かじ)から1週間(しゅうかん) (くび)(さと)(じょう)建てる(たてる)ために多く(おおく)(ひと)応援(おうえん)

(にち)沖縄(おきなわ)(けん)那覇(なは)()にある(くび)(さと)(じょう)火事(かじ)になってから1週間(しゅうかん)になりました。 那覇(なは)()焼け(やけ)建物(たてもの)をもう一度建てる(たてる)ために応援(おうえん)してほしいと言っ(いっ)て、インターネットでお金を集め(あつめ)ています。()は1(おく)(えん)集め(あつめ)たいと考え(かんがえ)ていましたが、7(にち)(ひる)までに2(まん)7000(にん)以上(いじょう)から3(おく)8000(まん)(えん)ぐらい集まり(あつまり)ました。 安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)は6(にち)政府(せいふ)必要(ひつよう)なお金を準備(じゅんび)して、建物(たてもの)建てる(たてる)ことができるようにすると言い(いい)ました。政府(せいふ)によると、1992(ねん)ごろに(くび)(さと)(じょう)建物(たてもの)新しく(あたらしく)建て(たて)たときにかかったお金は73(おく)(えん)ぐらいでした。しかし、そのときと(いま)では(もの)値段(ねだん)違う(ちがう)ため、(いま)建てる(たてる)とどのぐらいかかるかまだわかっていません。 ほかにも、建物(たてもの)建てる(たてる)のに必要(ひつよう)()や、(むかし)建物(たてもの)建てる(たてる)技術(ぎじゅつ)持つ(もつ)(ひと)をどうやってさがすかなど、(くび)(さと)(じょう)をもう一度建てる(たてる)ためにはたくさんの問題(もんだい)があります。

Loading