新潟県と山形県の地震 「知らない活断層が原因の可能性」

新潟(にいがた)(けん)山形(やまがた)(けん)地震(じしん) 「知ら(しら)ない(かつ)断層(だんそう)原因(げんいん)可能(かのう)(せい)

18(にち)、マグニチュード6.7(M6.7)の地震(じしん)起こっ(おこっ)て、新潟(にいがた)(けん)山形(やまがた)(けん)大きく(おおきく)揺れ(ゆれ)ました。地震(じしん)起こっ(おこっ)場所(ばしょ)山形(やまがた)(けん)(おき)日本海(にほんかい)で、(ふか)さ14kmの(ところ)でした。この地震(じしん)で28(にん)がけがをして、(いえ)がたくさん壊れ(こわれ)ました。 東京大学(とうきょうだいがく)佐藤(さとう)比呂志(ひろし)教授(きょうじゅ)は、この地震(じしん)のデータと、(いま)までに調べ(しらべ)日本海(にほんかい)(かつ)断層(だんそう)のデータを比べ(くらべ)ました。(かつ)断層(だんそう)は、地層(ちそう)がずれていて(いま)動い(うごい)ていると考え(かんがえ)られている(ところ)です。 その結果(けっか)(いま)まで知ら(しら)なかった(かつ)断層(だんそう)原因(げんいん)地震(じしん)起こっ(おこっ)可能(かのう)(せい)があることがわかりました。佐藤(さとう)教授(きょうじゅ)は、これからも同じ(おなじ)ような地震(じしん)起こる(おこる)かもしれないと言っ(いっ)ています。 日本海(にほんかい)では(りく)近い(ちかい)(ところ)津波(つなみ)起こる(おこる)ことが多く(おおく)て、津波(つなみ)(りく)着く(つく)までの時間(じかん)短く(みじかく)なります。佐藤(さとう)教授(きょうじゅ)は「強い(つよい)揺れ(ゆれ)感じ(かんじ)たら、すぐに逃げ(にげ)てください」と話し(はなし)ました。

Loading