高知(こうち)(けん)人口(じんこう)減っ(へっ)て70(まん)(にん)以下(いか)になった

高知(こうち)(けん)毎月(まいつき)生まれ(うまれ)(ひと)亡くなっ(なくなっ)(ひと)引っ越し(ひっこし)()(ひと)()行っ(いっ)(ひと)計算(けいさん)して、(けん)人口(じんこう)がどのくらいか発表(はっぴょう)しています。 高知(こうち)(けん)によると、6月1(にち)人口(じんこう)は69(まん)9522(にん)になりました。高知(こうち)(けん)人口(じんこう)が70(まん)(にん)以下(いか)になったのは、1945(ねん)戦争(せんそう)終わっ(おわっ)てから初めて(はじめて)です。 日本(にっぽん)人口(じんこう)が70(まん)(にん)以下(いか)都道府県(とどうふけん)は、高知(こうち)(けん)と55(まん)(にん)ぐらいの鳥取(とっとり)(けん)、67(まん)(にん)ぐらいの島根(しまね)(けん)の3つになりました。 高知(こうち)(けん)人口(じんこう)がいちばん多かっ(おおかっ)たのは1955(ねん)で、88(まん)(にん)以上(いじょう)いました。1990(ねん)からは亡くなっ(なくなっ)(ひと)生まれ(うまれ)(ひと)より多く(おおく)なることなどが続い(つずい)て、人口(じんこう)減る(へる)のを止める(とめる)ことができていません。 日本(にっぽん)では東京(とうきょう)など大きな(おおきな)まちに(ひと)集まっ(あつまっ)て、人口(じんこう)減る(へる)(けん)などが多く(おおく)なっていて、大きな(おおきな)問題(もんだい)になっています。

Loading