エアビーアンドビー「空き家で民泊の仕事を大きくしたい」

エアビーアンドビー「空き家(あきや)民泊(みんぱく)仕事(しごと)大きく(おおきく)したい」

旅行(りょこう)()(ひと)などにホテルの代わり(かわり)(いえ)やマンションの部屋(へや)貸す(かす)民泊(みんぱく)」の法律(ほうりつ)ができてから、今月(こんげつ)15(にち)で1(ねん)になります。 民泊(みんぱく)紹介(しょうかい)する世界(せかい)最も(もっとも)大きな(おおきな)ウェブサイト「エアビーアンドビー」を作っ(つくっ)たネイサン・ブレチャージクさんが、日本(にっぽん)民泊(みんぱく)仕事(しごと)大きく(おおきく)する計画(けいかく)について話し(はなし)ました。 ブレチャージクさんは「来年(らいねん)東京(とうきょう)でオリンピックとパラリンピックがありますが、ホテルだけでは泊まる(とまる)場所(ばしょ)足り(たり)ません。日本(にっぽん)には(だれ)住ん(すん)でいない空き家(あきや)が850(まん)(けん)もあります。これを使い(つかい)たいと考え(かんがえ)ています」と話し(はなし)ました。 法律(ほうりつ)ができたばかりのころ、エアビーアンドビーのウェブサイトで紹介(しょうかい)している(いえ)(なか)には、役所(やくしょ)書類(しょるい)出し(だし)ていないところがありました。ブレチャージクさんは「役所(やくしょ)出し(だし)書類(しょるい)会社(かいしゃ)にも出さ(ださ)せて、法律(ほうりつ)守る(まもる)ように()をつけています」と話し(はなし)ました。

Loading