東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)の「N700S」 時速(じそく)360kmで走る(はしる)テスト

JR東海は来年(らいねん)7月から、東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)で「N700S」という新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)使う(つかう)予定(よてい)です。 6(にち)(よる)新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)米原(まいばら)(えき)から京都(きょうと)(えき)まで走る(はしる)テストが行わ(おこなわ)れました。新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)は、(いま)同じ(おなじ)時速(じそく)285kmで走る(はしる)ことになっています。しかし、テストでは時速(じそく)360kmまでスピードを上げ(あげ)て、気持ちよく(きもちよく)乗る(のる)ことができるか、(おと)がうるさくないかなどをチェックしました。 JR東海によると、新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)は、走っ(はしっ)ているときに(まえ)から受ける(うける)(かぜ)(ちから)(いま)までより小さく(ちいさく)なっています。そして、ブレーキがよくなっていて、地震(じしん)などでも安全(あんぜん)にスピードを下げる(さげる)ことができると言っ(いっ)ています。 JR東海は、新幹線(しんかんせん)をアメリカや台湾(たいわん)輸出(ゆしゅつ)するために、新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)のよさをもっと知っ(しっ)てほしいと考え(かんがえ)ています。

Loading