8つの(くに)地域(ちいき)でさんまをとる(りょう)のルールを初めて(はじめて)決める(きめる)

(きた)太平洋(たいへいよう)のさんまについて、日本(にっぽん)中国(ちゅうごく)台湾(たいわん)韓国(かんこく)、ロシアなど8つの(くに)地域(ちいき)話し合う(はなしあう)会議(かいぎ)がありました。会議(かいぎ)では、8つの(くに)地域(ちいき)来年(らいねん)とってもいいさんまの(りょう)を55(まん)6250tに決め(きめ)ました。どのくらいさんまをとってもいいかルールを決め(きめ)たのは初めて(はじめて)です。 (きた)太平洋(たいへいよう)のさんまは、20(ねん)()に60%以上(いじょう)少なく(すくなく)なっています。さんまが少なく(すくなく)ならないように、日本(にっぽん)はとってもいい(りょう)のルールを決め(きめ)たいと考え(かんがえ)ていました。しかし(いま)までは、中国(ちゅうごく)などの反対(はんたい)決める(きめる)ことができませんでした。 去年(きょねん)、8つの(くに)地域(ちいき)がとったさんまは全部(ぜんぶ)で43(まん)7000tでした。来年(らいねん)とってもいいさんまの(りょう)を、去年(きょねん)とった(りょう)より多く(おおく)して、反対(はんたい)していた(くに)賛成(さんせい)してもらうことができました。 さんまがたくさんとれる宮城(みやぎ)(けん)気仙沼(けせんぬま)()にある会社(かいしゃ)は、さんまが少なく(すくなく)なっている問題(もんだい)について、大きく(おおきく)(まえ)進む(すすむ)ことができたと話し(はなし)ていました。

Loading