「はやぶさ2」がまたリュウグウという(ほし)下り(おり)

日本(にっぽん)のJAXAが打ち上げ(うちあげ)た「はやぶさ2」は、去年(きょねん)6月に地球(ちきゅう)火星(かせい)()にあるリュウグウという小さい(ちいさい)(ほし)着い(つい)て、この(ほし)調べ(しらべ)ています。 JAXAは、「はやぶさ2」が11(にち)午前(ごぜん)10()過ぎ(すぎ)にリュウグウに下り(おり)たと発表(はっぴょう)しました。「はやぶさ2」は(たか)さ2(まん)mの(ところ)からリュウグウに下り(くだり)始め(はじめ)ました。下りる(おりる)場所(ばしょ)にはボールのような目印(めじるし)落とし(おとし)ておきました。そして、この目印(めじるし)をカメラで()ながら下り(おり)ました。 「はやぶさ2」は今年(ことし)2月にもリュウグウに下り(おり)て、地面(じめん)(いし)取り(とり)ました。今年(ことし)4月には地面(じめん)金属(きんぞく)(かたまり)落とし(おとし)て、(あな)作り(つくり)ました。11(にち)はこの(あな)近く(ちかく)下り(おり)ました。「はやぶさ2」は、(あな)作っ(つくっ)たときに地面(じめん)(なか)から()(いし)取っ(とっ)て、地球(ちきゅう)持っ(もっ)帰る(かえる)予定(よてい)です。 地面(じめん)(なか)(いし)は、宇宙(うちゅう)からの影響(えいきょう)がないため、地球(ちきゅう)などの(ほし)がどうやってできたか知る(しる)ことができるかもしれません。

Loading